私流断捨離

Poor Mr.Jones  —  2014年4月20日 — Leave a comment

Bose

この週末は私なりの部屋の整理をした。というのは、電化製品の多くを売りに出してスッキリしてしまったのである。お相手は高く売れるドットコムさん。
今乗っている新車のマツダ・アクセラはライカM9とライカレンズを高額で買い取っていただいたお金で買ったものである。
果たして今回の目的は、3月にリリースされたボーズのWiFiミュージックシステム SoundTouch30に買い換えるために、ボーズの5.1chサラウンドシステム V35を買い取ってもらった。元は40万円近くするシステムであるが、iTunesの音楽を聴くには、Macの電源とサラウンドシステムの電源を入れなければならないし、iTunesライブラリーを操作して音を出すだけである。
ならば、専用アプリでiPhone、iPadから操るか、直接本体をいじれた方がいい。言って見ればストリーミング時代のこれからの音楽システムなのである。
マツダのアクセラもiPhoneと連携したボーズシステムを積んでいるこれからの時代の車であるし、ならば我が部屋もというわけである。

高く売れるドットコムさんからは10万円と言われていたが、汚れがあることと、箱がないため、1万円引きの9万円だった。それと、サーバをAmazon Web Serviceに移したことからいらなくなったMacmini Serverと自作のLinux Serverを買い取ってもらった。Mid2011のMacmini Serverが2万円強。Linux Serverは査定待ちである。
それと、いらなくなった自転車など諸々を引き取って頂いた。
で、現金11万7千円を受け取り、断捨離終了。
そして、ボーズオンラインショップでBose Sound Touch30を購入。
明日発送の予定である。かなり楽しみである。

以上、私流断捨離の巻でした。

ついでながら断捨離について調べてみました。仏教用語かなと思っていたのですが。

だんしゃり 
【断捨離】
入ってくる不要な物を断つ,不要な物を捨てる,物への執着から離れるの三つの原則をもとに,物を整理するだけでなく,暮らしや人生を整えていくプロセス。〔2009年(平成21)に発売されたやましたひでこの著書で提唱された概念〕

大辞林 第三版

新語でした。

EC2
今まで自前サーバでこのブログを運用してきたが、電気代、固定IP費用など節約というけちな観点からクラウドへの移行を画策。最近はめっきり更新をすることがないのでスペックは最低に。本当はもう一段階上位のスペックにすればレスポンスがよくなるのだが。。。

というわけで、どのような構成にしたかというと、仮想マシンはAmazon EC2のAmazon Linux、データベースはAmazon RDSでMySQL、DNSはAmazon Route53というAmazon Web Serviceをフルに使った構成である。

MacのターミナルやiPadのDiet Codaなどからアクセスすれば本当にLinuxサーバと同じことができる。ここ2週間これを試してみて、使えると判断したことから移行した次第である。サーバマシンが寂しく残った。

【追記】最小スペックのt1.microだとこのブログの更新もままならないという悲しいことが分かり、m1.samllにしてみた。m1.smallにすると料金がかなり高くなるのだがブログを運用する上では仕方がない。というか他の安価なVPSも検討した方がいいかも。

【再追記】他のVPS、レンタルサーバ等も検討したが、自分のサーバと同じように使えて、インスタンスのプランも自由に変えられることを考えるとやはりアマゾンウェブサービス一択だと思う。運用として、普段はt1.microのインスタンスで運用していて、負荷がかかる時にm1.smallのインスタンスに変えるというのが現実的に思える。

【再々追記】WordPressを運用するにはEC2のt1.microだとほとんど動作しない。m1.smallが現実的だ。その代わり、RDSのMySQLのインスタンスはt1.microで十分。これだと月額費用は4,000円程度だと思う。

Setsugen

2014年2月14日、日本列島は2週続いての記録的な大雪に見舞われた。
我が家ではカーポートが崩落、2月10日納車の新車が下敷きになってしまった。
翌朝起きて、唖然としていると、雪かきをしている近所の人が手伝ってくれて、ガレージの屋根を撤去してくれて車を無事救出することができた。
しかし、いつまた骨組みが崩れて車を直撃するかわからない。
すると、ちょっとしたスペースがあるお方が一時的な車置き場にしてもいいと言っていただいた。ありがたい。お言葉に甘えることにした。
先週の大雪の雪かきで顔を知った方々だった。

おかげで今日は朝一番でディーラーに預けることができ、電車で帰ってきた。

カーポートに保険がおりるかどうか分からないが、車の方は、新車にした際に車両保険に入ったので無償で修理ができそうだ。

2週にわたる大雪で得たものもある。それは人の誠意のありがたさだ。これは私も雪かきに参加して仲間意識ができていたのが大きいとは思う。一生懸命に他人に尽くしていると、それは伝わり、自分が困ったときにも自分に返ってくるものだなと思った。

ご近所様というコミュニティはいまだに捨てたものではないなと思う。

BerlinPhil
今日から2014年が始まった。
今年の年末年始は稀に見る日の並びで、9連休なのである。何処へも出かける予定のない私でも計画を立てていた。

    1. 禅に関する本を3冊読むこと    
    2. VBAプログラミングを学ぶこと  
    3. 物置になっている隣の部屋を片付けること    

というものだ。
もう半分を過ぎているが、忙しい時の方がタスクを処理するには相応しいらしく、一向に進まない。大型連休の甘美な誘惑に負けてしまう。

その誘惑とは、ベルリンフィル・デジタル・コンサートホールである。
以前少し契約したことがあったが、すぐに辞めてしまった。
再開したきっかけは大晦日のジルベスターコンサートを見たいがため。日本時間で1月1日の午前1時半(現地時間12月31日午後5時半)に始まるライブを見ることができるのである。
果たして素晴らしいライブだった。
このプログラミングはサイモンラトルが首席指揮者になってからの膨大な音源を様々なデバイスで見ることが出来る。レパートリーは通常のCD等では手に入らないような、かつ、魅力的なものが溢れている。

これで月€14.9、2000円程度である。昨今は映画館のパブリックビューイングでパリオペラ座のレパートリーなども見ることができるようになってきているが、自宅で見ることが出来るならばそれに越したことはないと思う。
なおかつ、アーカイブまで見ることができれば素晴らしいのだが。

その点、ベルリンフィルのこの先進的な取り組みはとても評価できると思うのだ。
さあ、元旦の午後、マタイ受難曲の舞台を見ることとしよう。

iPadAir

iPad Airが発売されて10日近く経つ。私はソフトバンクオンラインショップで発売開始後2分後の11月1日8:02に128GBシルバーWiFi+Cellularを予約をしたのだが、まだ届いていない。入荷待ちの連絡も梨の礫である。
いい加減、待ちびれてApple Store Ginzaに状況を聞いてみた。今在庫がわずかにあるのがWiFi+Cellularだと64GBのスペースグレーだそうである。
そしてWiFi+Cellularは3日も入荷していないとのこと。
初日は普通に買えたとの情報もあったのだが、やはり、携帯しやすくなり、iPad mini Ratinaが発売されていない今、iPad Airは買いの本命なのだろう。
初回ロットがなくなり、在庫を切らしているのではないかとでも思いたくなる。
気が短い私だが、気を長くして待つ事にしようか。

今日は30年ぶりの高校の同窓会だった。最初は記憶と現に目の前にいる人との今のギャップに戸間どっていた。いってみれば記憶と現実との時差ぼけ状態である。全学年の半数近くが一つの部屋で過ごすうちに、現在の時間が30年前に寄り添ってゆき、識別できなかった顔も見慣れた顔に思えてくるから不思議なものである。言って見れば、30年経った人間が同じ時間をシェアするようになるようなものであり、時差ぼけが解消するというか、高校耳目ができてくるとでもいうのか。
ともかく、楽しい時間を過ごすことができた。私は常に、今の時間に生きている方だと感じているのだが、別れ際は一陣の分かれがたさを感じていた。
しかし、現実の中で過ごすうちに、楽しい思い出も現実の冷静さを取り戻し、冷めていくのだろうなという気持ちもあるのである。
過去は忘れている事もあるから美しくあるということもあるのではないか。そう思う自分がまたいるのである。

【追記】
この文を書いた後、卒業アルバムを開いてみた。やはり、時間は遡らない。記憶は失せたまま。人と人との触れ合いには写真以上の何かがあるようである。

京都旅行

Poor Mr.Jones  —  2013年11月4日 — Leave a comment

wpid2188-ec1888dca09c173f0c31b295846dae7a.jpg

Leica M9+Leica NOCTILUX-M50mm f/0.95 ASPH.

wpid2190-c4a9bcabe715528d22269fee68931369.jpg

Leica M9+Leica SUMMILUX-M21mm f/1.4 ASPH.

wpid2192-82d56b5373c56ed4eaac5d2a0c521595.jpg

wpid2194-0f79be1bd338d9a31f394e1788cdb7e0.jpg

Leica M9+Leica NOCTILUX-M50mm f/0.95 ASPH.

wpid2196-Ryoanji.jpg

Leica M9+Leica SUMMILUX-M21mm f/1.4 ASPH.

随分と間を空けたものだが。

9月13日から15日の京都旅行の写真である。ここ数年久しくなかった事だが、夏休みが消化期間が終わる頃になっても余っていたので、スティーブ・ジョブズが訪れた処を回ってみようと思い立ったのである。

一人旅をするときには私はひとつかふたつテーマを立て、あとは郷の在人の口伝えの間に間に行く方向を決めるのである。
今回のテーマもふたつだけ。
1. スティーブ・ジョブズが常宿としていた俵屋旅館に泊まる事
2. 苔寺で有名な西芳寺を訪れること
あとは気の向くまま、足の向くまま、その場で降りてくるインスピレーションに任せることにした。

京都はバス路線が非常に発達しており、またわかりやすい。初日は比叡山まで行き、その足で貴船、翌日は京の侘び寂びと現在の姿を愛でるために、西芳寺から現代美術館を経由した後、慈照寺銀閣へ行ったりと。

今年は大層な猛暑で、どこへ行っても汗をびっしょりかいたものだった。しかし、暑さにはもう慣れてしまっていて苦痛ではない。ただ一目が恥ずかしいというだけである。
だが、俵屋の旨い飯と高野槙の風呂桶、その雰囲気に浸ると暑さも疲れも吹っ飛んでしまったものである。

夏の暑さが去り、すっかり冷気が訪れるに伴い、記憶も薄れてしまった。
また、今度も気の向くままの一人旅を楽しもうと思っている私である。

Sheena

11月の三連休、iPad Airを心待ちにしながらOS X Mavericksに取り組んでみる。
アップグレードしてから何かと不具合が多かったので、いい感想は持っていなかった。アップルサポートに聞いてみると、どうやらシステムが不安定になっているらしい。そこで、消去インストールから一歩進んで、インターネットリカバリーし、Lionの状態からMavericksにアップデートしてみた。
思った通り、システムは安定し、純粋にMacと向かうことができた。

今まで放置していたアプリケーションなども入れてみる。やっぱりMacは使いやすく進化していた。特に使いやすいと思ったのは、タグである。自分の好きなファイルを自由に集めることができる。
タブも使いやすい。これでいろんな作業を同時に行うことができる。
もっぱらファインダ周りが便利になっていそうである。

これらの作業を無音でひたすら取り組むのは辛いものがある。
そんなときは東京事変である。アルバムよりもライブの方がいい。iTunes StoreでDVDが全部映画として売っているので、最終の三作、「ウルトラC」「Discovery」「Bon Voyage」を購入して音だけ聞きながら作業をする。

やっぱり東京事変はいい。と思っていたら、11月13日に椎名林檎デビュー15周年のアルバム、DVD、ライブがあるじゃあないか。ライブは仕事の都合で行けないが、音源と映像はとっても楽しみである。

というわけで、Mac、椎名林檎とリンゴ三昧の文化の日である。

VMWare

今週、来週はOSアップデートの週である。まず、昨日、10月18日はWndows 8.1が公開。私の場合、Macの仮想環境でWindows 8 ProからWindows 8.1 Proへのアップグレードである。ただ、Officeを使いたいがためにWindowsを入れている私にとってWindows 8の分かりにくいUIに不慣れな私。
microsoft storeからダウンロードするものだと思っていた。いくら探しても、Windows8.1アップデートのサイトが見つからない。と思っていたら、Windowsアプリ、Windows ストアからアップデートできるという。
ところが、いくら探しても見つからない。
こういう時のGoogleくんである。Windows 8.1 見つからないと検索したら、特定のアップデートを適用していないとストアには現れないのだそうだ。
76個ものアップデートを適用した末、ようやくアップグレードできた。
ここで嬉しいのは、Windows内のストアからOSアップグレードができるようになったという点。シリアルナンバーからは解放されるのである。

さて、使ってみた感想。一番最初に感じたのはレスポンスがよくなったという点。次に、直感的な操作が可能になったということ。これが大きいいかな。

さて、以前の投稿でParallels Desktopを紹介したのだが、新しいバージョンのParallels Desktopは私のMacとの相性が悪く、何度も入れ直していた。
そこで、VMWareの最新バージョン、VMWare Fusion 6 Professionalにしてみた。これはParallelsと比較にならないほど軽く早い。そこでこちらを使ってみることにした。結果、至極快適である。

というわけで、今週末はWindowsだったが、来週は待望のMac OS X Marvericksをインストールすることになるだろう。一週間が待ちきれない。

Mac10.9

もうそろそろMac OS X Mavericksが発表になってもいい頃、その前に、Mac OS X Kittenを使ってみた(笑)
いやもとい、GM(ゴールデンマスター)版を使ってみた。前、Developer Previewを使ったときには、バグが多くてすぐにインターネットリカバリーをして、Mountain Lionに戻したものだが、さすがにリリース候補となるGM版ともなると安定している。
まだ本番環境ではないのではないけれども、便利な点を挙げてみる。

  1. iBooksをMac上で読めるのがとても嬉しい。昔から本は机上で読むものである。でかい画面で勉強しメモやマーカーを引いて、iPadやiPhoneで確認するということができる。
  2. Mapも実用的になってきている。 お気に入りの店や場所を検索してみたがほぼ表示されるようである。しかし、Google Mapと比べて地図が寂しく、経路の時間は正確とはいいがたい。
  3. 何より新しいもので気分が一新。私が発売を待てなかった理由はこれに尽きる。ただし、発売された本物をインストールする際には、インターネットリカバリーを覚悟のこと。まあ、すっきりしていいんじゃない?

といったところか?10月中にはMavericksがリリースされるとの噂ですので、それまではこれで我慢をするか。